鉄欠乏性貧血とは?詳細と対策方法について。

鉄欠乏性貧血とは?

medical-563427_1920

「鉄欠乏性貧血とは?」今回はこの疑問についてお答えしていきます。

最近体がだるかったり疲れが取れにくいといった症状でお悩みの方で色々と調べている勉強熱心なあなたなら1度は聞いたことがあるかもしれません。

結論から申し上げますと鉄欠乏性貧血とは?鉄不足によって引き起こされる貧血の代表的な症状です。なお、貧血と診断されると80~90%の割合で鉄欠乏性貧血と認定されます。30代に入るとだるいといった症状に見舞われてもそれは年齢によるものと勘違いされる方がいますが鉄不足が原因の可能性が高いです。

鉄欠乏性貧血とは?が解決したところで、次はどういった過程で貧血のつらい症状に見舞われるのかを解説していきます。

●なぜだるさや疲れやすい症状が現れるのか?

血液に含まれる赤血球にあるヘモグロビンは酸素を体の隅々まで運搬する働きをしています。酸素が体中に十分に運搬されているから疲れにくい体を維持することができているんです。ですが、このヘモグロビンを生成するのに必要な鉄分が不足してしまうと十分に酸素を供給することができなくなってしまいます。

つまり、長時間立っていられなかったり少し動いただけですぐに疲れてしまう体になってしまうということです。

鉄欠乏性貧血になってしまうと仕事もプライベートも思いっきり楽しむことが出来なくなるので鉄分はちゃんと補給したいところです。

●女性は特に鉄不足になりやすい?

体のだるさや疲れやすいといったつらい悩みは鉄分不足の代表的な症状です。

実は鉄不足に陥りやすいのは女性の方が
圧倒的に多いってご存知でしたか?

■女性が鉄不足になりやすい理由

1,ダイエットによる偏った食事
女性の場合、誰もがダイエットは経験があると思います。鉄は体内への吸収率が悪い栄養素なので食事を制限してしまうと1日に必要な鉄分量を摂取することが困難になってしまいます。ですので、食生活を乱すような偏ったダイエットは厳禁で食事の間隔を開けたり適度な運動をするといった適切なダイエット法を心がける必要があります。

2,月経、妊娠、出産
女性特有の月経などによる出血によっても鉄不足に陥りやすくなります。通常の鉄分量は5.5mgに対して月経期間は9.0mg、妊娠中期以降は18mgも必要とされます。

3,食量が少ない
女性は男性と比べてそもそも食事の量が少ないです。1日に必要とされる鉄分量は男性と比べて女性は1mgほど少ない程度なので女性は特に鉄分を意識した食事をする工夫が必要になってきます。

●鉄欠乏性貧血にならないために必要なこと

鉄不足は女性が陥りやすい状況になるのは前途のとおり明白です。ですが、鉄不足にならないためには栄養バランスの取れた食事をしっかりすることで解決できます。

ここで言う栄養バランスの取れた食事というのは、・肉or魚+野菜+果物の組み合わせです。

肉と魚には鉄分が豊富に含まれていて、野菜にも少量ですが鉄分が含まれます。また、鉄分の吸収を助けてくれるビタミンCにおいては果物に多く含まれていて野菜にも少量は含まれています。肉、魚、野菜、果物を一緒に取り入れることで鉄分を効率よく取り入れることができます。ですので、もし鉄不足でつらい症状にお悩みでしたら食べ物の組み合わせを意識した食事を心掛けてみてください。

鉄欠乏性貧血に有効な対策方法とは?

さて、鉄欠乏性貧血に有効な対策方法についてここでは紹介していきます。

鉄欠乏性貧血になってしまい治療経験のある方ならお分かりだと思いますが普段からの鉄分補給対策は重要です。というのも、鉄欠乏性貧血と診断された場合の多くは原因である鉄分を補給するために鉄剤を服用することになります。

ところが、鉄剤を服用している間は鉄不足の基準となるヘモグロビンの数値は安定しますが治療をやめてしまうとヘモグロビン値が10以下に戻ってしまい再治療が必要になってしまうからです。ですので、鉄欠乏性貧血の予防と対策には普段からの鉄分補給対策はとても大切なんですね。

これから食事やサプリメントによる有効的な
鉄欠乏性貧血の対策方法についてお伝えしていきますね。

●食事による対策方法

食事による鉄欠乏性貧血の対策は自然なので
一番有効です。ですが、間違った対策方法を実践してしまうと鉄欠乏性貧血の原因である鉄分不足はいつまでたっても解決しません。

そこで、今から注力すべき3つのポイントを
今から紹介していきます。

■食事による対策ポイントその1 【食べ合わせ】

鉄分を効率よく摂取するには食べ合わせが大切です。

ここのポイントは絶対に外せない部分なので必ず取り入れてください。その食べ合わせは、「肉or魚+野菜+果物」肉と魚のいわゆる動物性の赤身には鉄分が豊富に含まれている特徴があります。なので、毎日積極的に取り入れてください。肉か魚も難しい場合は貝類も有効です。

野菜にも少量ではありますが鉄分が含まれており、さらに鉄分の吸収を助けてくれる働きも担います。また、果物は野菜よりも鉄分の吸収率をさらに高めてくれるビタミンCが豊富に含まれているので一緒に食べるようにしてください。

よく栄養バランスは大切にと言われますが、吸収率を高めてくれるサポート役の比重も多く占めています。

■食事による対策ポイントその2 【食事の工夫】

鉄分は熱に弱い性質を持っているため、長時間茹でたり炒めたりすると栄養価を取り逃がすことになります。ですので、茹でた場合は茹で汁も一緒に飲んだり炒める時は強火でサッと短時間で調理を仕上げるといった工夫をすると効率的に鉄分を補給することができます。また、鉄鍋で調理をすると鍋からも鉄分を摂れるので脳に悪いとされているフッ素が張り巡らされたフッ素加工のフライパンは使わないようにしましょう。

■食事による対策その3 【吸収を阻害させる飲み物】

鉄分の吸収率を悪くさせる成分としてタンニンが上げられます。このタンニンはコーヒーや緑茶に含まれているので食事と一緒に飲むのはおすすめしません。

なお、お水やほうじ茶、ウーロン茶にはタンニンが含まれていないので喉を潤す時はこちらを飲むようにしてください。

●鉄分サプリによる鉄分補給

毎日働いているから忙しくて食事管理が困難な場合は鉄分サプリがおすすめです。

鉄分サプリには鉄分に加えて造血ビタミンと言われるビタミンB群や吸収をサポートしてくれるビタミンCやたんぱく質などの全てを効率良く取り入れることができます。

普段の食事による鉄分補給が一番自然なのでおすすめですが、時間が無くて難しい場合は手軽に摂取できる鉄分サプリを活用してみてください。

健康美人は始めてる!鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫


鉄分対策関連サイト

鉄分サプリ】冷え症・むくみ・貧血を改善する方法|最新版
http://aromademusic.com/

貧血をはじめとする鉄分不足における諸症状と対策、鉄分不足対策のための専用の「鉄分サプリ」など、鉄分不足で悩む方にぜひ知ってもらいたい、鉄分にまつわる悩みや解決方法をお伝えしている専門サイトです。日々の生活から体のめぐりをよくして、体のバランスを整えるためにも鉄分は大切な要素です。鉄分サプリなどを上手に活用して体の鉄分不足を一つずつ取り組んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加