治すのが難しいとされる溶血性貧血の予防と対策方法とは?

治すのが難しい溶血性貧血について

first-aid-957436_1920
治すのが難しいとされている溶血性貧血についてここではお伝えします。

溶血性貧血を治すのが難しいと言われる理由は貧血で代表的な鉄欠乏性貧血の鉄分不足によって引き起こす症状とは違い赤血球に異常が見られる疾患だからです。ここで言う赤血球の異常とは通常約120日の寿命が約20日に短くなっている状態です。また、発症する明確な原因も分かっていない
という点もあります。

溶血性貧血の症状の現れ方については先天性と後天性によって引き起こし、それぞれ専門的な治療が必要になってきます。逆に鉄欠乏性貧血のような貧血の症状は毎日しっかりと鉄分を補給することによって改善していきます。

●溶血性貧血の症状について

冒頭でも少しお伝えしまた溶血性貧血の2つの症状について説明していきます。

・先天性による症状(遺伝性球状赤血球症)
先天性は赤血球そのものに異常がみられる症状で遺伝的なものが原因で引き起こします。

・後天性による症状(自己免疫性溶血性貧血)
後天性の溶血性貧血は赤血球に対する抗体などに異常がみられた時に引き起こします。

先天性と後天性の症状の現れ方については疲れやすい、動悸などの貧血にみられる症状と似ています。また、黄疸(白眼の部分や肌が黄色く見える)がみられることもあります。

いずれにぜよ自身で溶血性貧血と断定するのは難しいため、早期に発見するためにも内科などで血液検査をすることがとても重要になります。

●治療方法

病院で溶血性貧血と診断された場合の治療方法については説明していきます。

先天性の遺伝性球状赤血球症については、未だに一定の治療方法は確立されいませんが脾臓(ひぞう)の摘出や造血幹細胞移植をすることによって改善へ向かうという報告がされています。

後天性の自己免疫性溶血性貧血の場合は、副腎皮質ステロイドホルモン薬が主な治療薬となり9割の患者さんが改善するとされています。

●後天性の自己免疫性溶血性貧血の予防と対策

後天性の自己免疫性溶血性貧血は自然経過で治癒することもあります。

ですので、ここでは副腎皮質ステロイドホルモン薬での治療方法が必要な場合も含めて予防と対策について紹介していきます。

■ストレスを溜めない

ストレスによっても症状が悪化することがあると言われているのでストレスのない生活を送ることが重要です。

ストレスを感じるとがん細胞が増殖しやすくなるともされているのでぜひとも改善していきたいテーマです。

ストレスと聞くと漠然としてしまうので”つらい思い”を避ける方法を考察していくと有効です。ツライと思ったら時には逃げることが必要だということですね。

あとストレスを発散する方法を見つけるのも有効です。私の場合は皿を割ったり枕を顔に被せて大声をあげたりしてストレスを発散させています。

また、悲観的な性格を楽観的に変えることも有効でオックスフォード大学の研究で悲観的な人に良い光景ばかりに注視するように8ヶ月間訓練したらところ楽観的に改善されたと報告されています。

・「幸せな人の近くにいると幸せになれる」

これはホンマでっかTVで脳科学の一人者澤口先生が言っていました。幸せな人というのはどういった特徴があるかというと感謝の気持ちを持っている人です。感謝の気持ちを常に持っている人は幸福感が高い傾向にあるようなんですね。

もし、あなたの周りで感謝の気持を大事にしている人がおられたら付き合うようにするとストレスを感じにくい性格になれるかもしれません。

体の仕組みについては全て分かるにはまだ100年以上は掛かると言われているので今はできることに全力を注いでいくことが大切だと思います。

今回の記事をぜひ参考にしていただき治すのが難しいと言われている溶血性貧血を改善へと導いてあげてください。

>> 貧血対策なら専用の鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫ 詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加