貧血の種類と効果的な予防・対策についてはこちら

貧血の種類と予防と対策について

medic-563425_640

貧血の種類についてここでは詳しくお伝えしていきます。

貧血の種類によって予防や対策、治療方法も多種多様で大きく違います。また、貧血だからといって軽視して放置してしまうと思わぬ事態にもなりかねません。ですが、貧血の種類を知っておけば適切な対処法が分かるし明確に行動がしやすくなるのでぜひ今回の記事を参考にしてお役立てください。

●貧血の種類

・鉄欠乏性貧血
貧血の多くの場合が鉄欠乏性貧血と診断されます。その割合は貧血の約7割を占めており、症状としてはめまい、立ちくらみ、疲れが取れにくい、動悸、息切れなどが代表的な現れ方です。

鉄欠乏性貧血を引き起こす主な原因は体内にある鉄分が不足してしまうことです。また、男性よりも女性のほうが圧倒的に発症する割合が多いというのも特徴的です。

その訳は食事の量が男性に比べて少ないという理由と生理による出血や妊娠、授乳などで鉄分を失う機会が多いとされているからです。

なお、鉄分は体内への吸収率が悪い代表的な栄養素とされているので無理なダイエットによって鉄分を不足してしまう女性が近年増えてきていると言われています。

・再生不良性貧血
10歳~20歳の時期と70歳~80歳の時期をピークに発症しやすい貧血の1つです。

早期に発見することが出来れば的確な治療をした場合およそ70%の確率で改善へと向かっていきます。ですが、場合によっては骨髄移植が必要になることもある重度の疾患です。

・溶血性貧血
溶血性貧血は赤血球自体に異常がみられる疾患で症状としては顔面の蒼白、息切れ、動悸などが現れます。

なお、遺伝による先天性と免疫力の低下によって引き起こす後天性があり、先天性においてはこれといった治療方針が確立されていないため治療が困難とされています。

・悪性貧血
悪性貧血は主にビタミンBの欠乏によって引き起こします。

現れ方としては舌の荒れや手足がシビれるといった症状が出てきます。対処法についてはビタミンB12を補給することで改善へと向かいます。

ここまでが貧血の種類の代表例となります。

それぞれ共通して言えるのがめまいや動悸、疲れやすいといった貧血の代表的な症状がみられることです。なので、貧血の種類をはっきりと知る方法として一番確実なのが内科で血液検査をして診断結果を確認することです。

貧血の多くは鉄欠乏性貧血と診断されると思いますが、疾患だった場合には治療が必要となります。早期に発見できた場合は完治することも可能なのでぜひ受診を検討してみてください。

●鉄分サプリで貧血の予防と対策をしよう!

鉄欠乏性貧血をはじめ多くの貧血は鉄分サプリによって予防と対策が可能です。

優秀な鉄分サプリには品質の良い鉄分に加えて造血ビタミンと言われている葉酸やビタミンB群など貧血の予防・対策に有効な栄養素が計算されて配合されているため非常に効果的です。

毎日働いていて病院に行く時間がなかったり食事管理をする暇がないという場合は鉄分サプリをうまく活用してみてください。

>> 貧血対策なら専用の鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫ 詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加