貧血対策の裏技「鉄製調理器具」の有効な使い方とは?

貧血対策の裏技「鉄製調理器具」について

kitchen-231969_640

貧血対策の裏技となる鉄製調理器具についてここではお伝えしていきます。

貧血対策において必須となるのが効率よく鉄分を取り入れることです。鉄分は体内への吸収率がおよそ8%と極めて低いミネラルですからね。だから、裏技として鉄製調理器具を使う事はとても有効なんです。

多くの実験で鉄製調理器具を使うと鉄が溶け出して鉄分の摂取量を増やすことができることが分かっているのでぜひ取り入れてもらいたいと思います。

さらに、裏技の鉄製調理器具を使った効率よく鉄分を補給することができる貧血対策もお伝えしますのでぜひ参考になさってください。

●鉄製調理器具の種類

鉄製調理器具には鉄鍋と鉄のフライパンの2種類が代表的で煮物と炒めものとそれぞれ使い分けることによって鉄分をより効率よく摂取することができます。

特に鉄鍋においては味噌汁やシチューなどを作った際に料理に含まれる鉄分においては鉄鍋を使わない場合に比べて約1.5倍もの鉄分を取り入れることができます。

次は鉄製調理器具から多くの鉄分を取り出す方法をご紹介します。

●鉄製調理器具からより多くの鉄分を取り出す方法

鉄製調理器具からより多く鉄分を取り出すやり方は3つあります。

1,シチューなど長時間煮込む料理
鉄製調理器具は調理時間が長ければ長いほど鉄分を多く取り出すことができるため、長時間かけてじっくり煮込む料理との相性が抜群です。

2,トマトなどの酸味のある食材を使う
トマトなどの酸が含まれている食材を加えると鍋の鉄が溶けやすくなるので一緒に煮込むとより効率よく鉄分を取り出せます。

3,酢、ケチャップなどの酸味のある調味料を使う
こちらも酸味のある食材と同様、鉄が溶けやすくなるため鉄分を効率よく摂取することができます。

●鉄のフライパンの使い方

鉄のフライパンや中華鍋を使った炒めものをする時に気になるのがフッ素加工のフライパンと比べて焦げやすいという点です。ですが、中華の料理人が使っている映像をテレビで見たことがあると思いますがなぜか焦げついていないですよね?

なぜ中華料理人が使っている中華鍋は焦げつかないのか?その理由は正しい手順で料理をしているからです。

■中華鍋の焦げ付かない正しい手順とは?

中華鍋が焦げつ付かない正しい手順は薄く煙があがるまで空焼きをした後に、油を引いてなじませることです。すると鉄と食材の間に油の膜が出来て焦げ付きを防ぐことができます。

料理が終わった後のお手入れ方法は、余熱が残っている内にたわしで水道の蛇口を開いてゴシゴシと洗ってください。その後は中華鍋に残った水分を蒸発させるためにコンロに火をつけます。

最後に油を鍋全体に薄く塗って保管します。焦げつきやすいチャーハンもこの手順をちゃんと守ればパラパラチャーハンが簡単に作ることが出来ますよ。

中華鍋はフッ素加工のフライパンと比べて熱の伝導率が良いので強火でサッとまんべんなく炒めることができるので食材の鉄分を逃さないという利点が生まれます。なので、あなたもフッ素加工のフライパンから中華鍋に切り替えて効率よく鉄分を取り入れるようにしてください。

>> 貧血対策なら専用の鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫ 詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加