貧血対策で重要となる適切な応急処置とは?

貧血対策で重要となる応急処置について

first-aid-957436_1920
貧血対策で重要なってくるのが適切な応急処置のやり方です。

貧血の症状にはめまい、立ちくらみ、動悸、息切れなどに見舞われるため、その場の適切な応急処置を施さないと大きなケガに繋がるためしっかりと覚えておく必要があります。また、妊娠中期以降は特に鉄不足に陥りやすい時期に差し掛かるのでもし貧血の症状によって転倒してしまうと自身の体のみならずこれから生まれてくる赤ちゃんに何かしらの影響を及ぼす危険があります。ですので、これからお伝えする貧血対策に重要となる応急処置をぜひご参考にしてください。

●転倒を防ぐための応急処置

体の安定を阻害させるめまいや立ちくらみといったは転倒させる大きな要因となります。

不安定なまま転倒してしまうと頭を強打したりして後遺症が残ってしまうという状態に少なからずの人が陥っているので決して軽視してはいけません。

そうならないためにもめまいや立ちくらみを感じた場合にはむやみに動いたりしたらダメです。体を安定させるためにも体勢を低くし、体を締め付けるベルトやボタンなどは緩めるか取り外すといった処置をゆっくりと行ってください。そして症状が治まるまでジッと待つのが適切です。また、症状が治まったとしても急に起き上がるのは大変危険です。脳貧血を引き起こしてさらにめまいや立ちくらみの症状をぶり返すことになります。なので、体を起こす場合は様子を見ながらゆっくりと立ち上がるようにしてください。

●脳貧血の対処法

脳貧血は長時間座っている状態から急に立ち上がることによって心臓から頭へ運搬する血液が足りなくなり引き起こされます。ですので、普段の貧血の症状と合わさって気持ち悪いといったツライ症状も同時に襲われることもあります。

そうならないためには頭の位置が心臓よりも低い位置に保つように持っていき休むようにしてください。また、脳貧血は普段の貧血の症状よりも格段に転倒しやすいため座った状態から立ち上がる時は細心の注意を図ってくださいね。

●食事管理による応急処置

食事管理による応急処置としてもっとも有効なのがやはり鉄分サプリを活用することです。

特に毎日働いてる方は時間があまりないわけなので食事管理による鉄分補給が困難となってきます。そういった場合には賢く鉄分サプリを有効活用してください。

鉄分サプリを選ぶポイントとしては、動物性のヘム鉄を採用していることです。動物性のヘム鉄は人間の体内と同じ形として存在するので、植物性の非ヘム鉄と比べて比較的吸収率が高いため効率的に鉄分を取り込むことができます。また、動物性ヘム鉄の吸収率を高めてくれるビタミンCが含まれていることも重要です。

鉄分は吸収率が低いためビタミンCが含まれていないとせっかく取り入れた鉄分を逃してしまうことになってしまいます。さらに造血ビタミンと言われる葉酸や豊富なビタミンB群も含まれていれば貧血対策は万全です。

鉄分サプリは今ではとても優れた製品が多く販売されているのであなたに合うものを色々と試してみてくださいね。

>> 貧血対策なら専用の鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫ 詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加