貧血対策は食事だけで万全?万全じゃない?果たして・・・。

貧血対策は食事だけで万全なのか?

salad-374173_640
貧血対策として食事だけで果たして万全なのでしょうか?

貧血と診断された場合の多くは鉄欠乏性貧血とされています。鉄欠乏性貧血は鉄分が不足することによって引き起こす症状なので鉄分を補給することで解決することは可能です。

病院で治療を受けた場合のほとんどが鉄剤が処方されるのでもはや確立されています。とはいえ、鉄剤で鉄不足を解消したとしても多くの場合は一時的なものなのでですぐにまた貧血特有のツライ症状に悩まされることになります。

貧血の症状はめまい、立ちくらみ、動悸、息切れ、疲れが取りにくいといった仕事やプライベートが阻害させるため人生レベルにおいて大きな支障をきたします。といっても、鉄分は体内への吸収率がほかの栄養素と比べて極端に低いため食事だけでは貧血対策として万全とは言えません。また、毎日働いていて忙しい方だと食事管理をする暇がなかなか無いのが現状だと思うのでなおさら困難だと思います。

そこでおすすめなのが鉄分サプリも上手に活用していく方法です。少ない時間でも簡単に鉄分補給ができる食事管理法も合わせて紹介しますのでぜひ参考になさってみてください。

●手間が掛からない食事管理で鉄不足を解消!

鉄分の補給を意識した食事管理と考えるならお肉のレバー、魚の刺身、生がきを毎日食べるのが一番手っ取り早くて簡単です。ですが、好き嫌いであったり金銭的な負担が問題となってきます。

そこでおすすめなのが食材の組み合わせと鉄分サプリを同時に取り入れる方法です。

鉄分サプリは1日で換算すると100円程度で収まるのでレバーよりもよっぽど安く済みます。そこに簡単な食材の組み合わせを取り入れることによって鉄不足を改善することができますよ。

●食材の組み合わせについて

鉄分をもっとも効率よく摂取することができる食材の組み合わせは下記のとおりです。

・A(肉or魚or貝)+B(野菜)+C(果物)

A,B,Cの食材は1日1回の食事に必ず取り込めば具体的な種類は特に気にせずアバウトで構いません。そして鉄分サプリは基本毎日飲むようすれば鉄分補給は十分に足りてきます。

なお、Aのカテゴリ内にレバー、刺し身、生ガキのいずれか1品が入る場合は鉄分サプリを飲まなくても大丈夫です。もちろん鉄分サプリを飲んだとしても特に問題はありません。逆にA+B+Cの食事の組み合わせが1日に1回も達成できない場合は鉄分サプリの服用は必須となります。

●鉄分の吸収を阻害する飲み物は避ける

鉄分の吸収を阻害させる代表的なものでタンニン酸という成分が上げられます。

タンニン酸は緑茶、コーヒー、紅茶に含まれていて鉄と結合しやすい性質を持っているため鉄分を効率よく体内へ吸収することが出来なくなってしまいます。なので、タンニン酸が含まれていない水やウーロン茶、ほうじ茶を飲むようにして鉄分の吸収を阻害させないようにしてください。

今回ご紹介した方法は面倒な部分を極力削ぎ落した形でお伝えしているので簡単に取り入れることができるはずです。

貧血によるツライ症状から抜け出して充実したプライベートを送るためにぜひ今回お伝えした貧血対策を実践してみてください。

>> 貧血対策なら専用の鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫ 詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加