意外と貧血になってるかも・・・あなたのヘモグロビンの数値は大丈夫?

貧血・・・ヘモグロビンの正常値とは・・・増やす方法

々、立ちくらみがすることがあっても自分のヘモグロビンの数値をいちいち把握している人は少ないでしょう。実は、ヘモグロビンは私たちが毎日の生活をどれだけ元気に送るかにおいて大切な仕事をしてくれているものなのです。

そもそもヘモグロビンとは・・・
ヘモグロビンとは赤血球に含まれているタンパク質です。肺に送られた酸素を全身に送り届ける大切な運搬作業をしてくれます。また、ヘモグロビンが減ってしまうと鉄を運搬する力がなくなるので鉄欠乏性貧血となります。症状としては頭痛や動悸や息切れをひきおこしてしまいます。私たちが元気な毎日を送るためにもヘモグロビンの数値を正常に保つことは大切だとわかりますね。それでは、ヘモグロビンの正常な数値について続く部分でお伝えしましょう。

ヘモグロビンの正常値とは・・・?
男性  13~16g/dL   女性  12~15g/dL  と言われています。高すぎても低すぎても、もちろんだめです!もし男性の方で11g/dL以下、女性の方で10g/dL以下でしたらお医者さまの診断をぜひお受けになってください。
男性で11~13g/dL、女性で12~15g/dLでしたら、ヘモグロビンを増やすように今できることから注意してまいりしょう。どうやって増やしたらよいのでしょう。続く部分でお伝えします。

「ヘモグロビンを増やすためには・・・?」

ヘモグロビンを増やすために効果的なのは、鉄分を摂取するためのバランスのとれた食事と定期的な運動です。

バランスのとれた食事・・・ヘム鉄は吸収しやすいのでヘム鉄が含まれている肉、魚を摂取することをおすすめします。特に鉄分を多く含んでいるのが豚レバーです。でもレバーが食べられない方が多いですよね。実は豚レバーよりも多くヘム鉄が含まれてるのが、魚介類からはアサリのつくだ煮、煮干し、干しえびがエントリーされています!意識しながら摂取してヘモグロビンを増やしましょう!
吸収しにくいのですが、非ヘム鉄もお忘れなく・・・。乾燥アオノリ、乾燥きくらげには特に多いそうです。調味料では、カレー粉、黒こしょう。飲料からは粉抹茶、ピュアココアなども挙げられています。
普段何気なく摂取しているものの中にも、鉄分が含まれているものがありますね。
次にヘモグロビンを増やすためにできることは定期的運度言うな運動ですね。
定期的な運動・・・なぜ運動が大切かと言うと、ヘモグロビンの働きを活発にしてくれるからです。本格的にしなくてもよいというのがありがたいですね。激しい運動をするよりも軽い運動を毎日続けることが効果的だと言われています。もすでに始めておられるかも知れませんが、一駅前で降りて多めに歩く。エレベーターには乗らず階段を使ってみる。少し遠いコンビニまで行きお昼ご飯を買う。など10分程度の運動でも続けていてよかったと心から思う日が来ることでしょう。

バランスのとれた食事と定期的な軽い運動でヘモグロビンを増やし貧血のない元気な毎日をお送りください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加