ずきんずきんと痛む辛い頭痛の原因は貧血だった?

貧血による頭痛と賢い対処の仕方

「貧血による頭痛」

貧血による頭痛は、血液が足りなくなることによって起こる頭痛と言えます。
貧血になってしまうと、赤血球が減少してしまいます。
赤血球が減少すると全身に行く酸素の量が減ってしまいます。
もちろん、脳に行くはずの酸素も届かなくなり脳が酸欠状態になります。
脳が酸欠状態になると頭痛が起こるということになります。
特に女性は血液を作る指令を出してくれる男性ホルモンが少ないので血液が作られる量が男性よりも少ないため、貧血による頭痛を抱える割合が高いと言えます。

特に女性は、毎月生理がありますし、妊娠や出産などでも出血するので血液が失われる機会が多いことも貧血による頭痛を抱える原因と言えます。

頭痛は本当につらいですよね。

少し動いただけでもズキンズキン痛むし、痛みがあると上手に笑えなくなったり、眉間にシワが寄ってしまったり、どんどん気持ちも沈んでしまいますね。

貧血による頭痛の場合、どのように解決することができるでしょうか。

まず、貧血を治すことが先決です。

ご存じのように、貧血は普段からの食生活の中で鉄分の多い豚レバーやあさりのつくだ煮やほうれん草や小松菜などを組み合わせてとることにより、予防することができます。
ビタミンCやタンパク質と同時に鉄分を摂取するならより効果的に鉄分を体に取り入れることができます。

貧血を先に解決することで、貧血による頭痛を避けることができるでしょう。

「貧血による頭痛、鎮痛剤に頼ってませんか?」

貧血による頭痛を引き起こしてしまった時、すぐに鎮痛剤を飲んでしまいますか?

頭痛に悩まされている場合、すぐに鎮痛剤に頼ってしまうと言うのはあまり進められていません。鎮痛剤を飲みすぎてしまうと血管の拡張を抑える物質であるセロトニンが不足してしまいます。そのためそのセロトニンが低いと動脈が拡張し頭痛が起きると言うわけです。ですから鎮痛剤は飲みすぎると余計頭痛を悪化させてしまう可能性もあるということを覚えておきましょう。

でも痛いと言うのはつらいですよね。

もし貧血で頭痛になってしまった場合、この痛みと早くお別れしたい時にどのように対処しすればよいのでしょうか。

「貧血による頭痛、鎮痛剤を使わない対処の仕方」

もし、静かな所で横になることができるのならまずはゆっくりと睡眠をとってください。
冷たいタオルを痛い所に、あてるなら血管を収縮させ痛みを鎮めてくれます。
またコーヒーや緑茶や煎茶、ウーロン茶やカフェインの入ったものを飲むなら、カフェインが血管を収縮させてくれるので痛みを 和らげることができます。
血行をよくするためのマッサージや入浴も効果的でしょう。お風呂に入る暇がない時、腰にホッカイロを貼ったり、足湯をしたりするだけでも貧血による頭痛を緩和させることができるでしょう。
また、貧血による酸素不足のため、頭皮の代謝も悪くなってるため軽く頭全体をさすってあげるだけでも、血流の改善へとつながるかもしれません。

貧血による頭痛の場合は、やはり普段から鉄分を取り入れつつバランスのとれた食生活や生活習慣を心がけつつ頭痛のない晴れ晴れとした日々をお送りください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加